ウィッグとヘアピースの通販 カプリス

ホーム >人毛ヘアピースの選び方

人毛ヘアピース(部分ウィッグ)の選び方

分け目やトップ部分のボリュームアップ、白髪や薄毛等をかんたんにカバーできる
人毛ヘアピース(部分ウィッグ)、とっても便利なおしゃれアイテムとして今や欠かせない存在となっております。
ひとくちに部分ウィッグといいましても、種類はいろいろございます。
部分ウィッグのご使用が初めての場合、どれを選べばよいのか中々決まらず困っている方もいらっしゃるかと思います。
ではどのように選べばよいのか、選び方のポイントをご説明させて頂きます。

フルウィッグの選び方はこちら
ウィッグ選びで困ったら

ベース部分の大きさについて

当店の人毛ヘアピースのベースサイズは大きく分けて2種類ございます。
大きめタイプと小さめタイプです。
(その他、ピンポイントで狭い範囲をカバーするCP-61,CP-62がございます)

人毛ヘアピースのCP-T2シリーズを例にあげてご説明させて頂きます。
『大きめタイプCP-T2L』と『小さめタイプCP-T2S』は、毛髪の自体の長さや毛量はほぼ同じです。
では何が違うのかと言いますと、ベース部分の大きさの違いで、カバーできる範囲が異なってきます。
(商品番号末尾Lがベース大きめタイプ、Sが小さめタイプとなります)

より広範囲をカバーする場合は、ベース部分の面積の広い大きめタイプのCP-T2Lの方がよろしいかと思います。

逆にあまり広範囲でなく、分け目やつむじ周りなどのボリュームアップであれば、
小さめタイプのCP-T2Sがよろしいかと思います。

ベースサイズは大きめLタイプが縦12cm,横12cm


小さめのSタイプが縦10cm,横10cmとなってります。

紙などを上記の大きさに(おにぎり型に)切って頭に当てて頂くとおおよその大きさの目安としてお分かり頂けると思います。
3ヶ所のストッパーが配置されている部分には、ある程度の毛量の自毛が生えている状態が望ましいです。(自毛の毛量が少ない場合、しっかりと固定することができません)

植毛タイプは総手植え
時間をかけて丁寧に作り込まれた総手植え製です。
ベース部分はメッシュタイプですので、軽くて通気性も良く、毛流れや見た目もとても自然です。
分け目も変えやすく、水スプレーで濡らしてからブローするとスタイルが作りやすいです。

毛髪の長さは3種類

毛髪の長さは
ショートタイプのCP-T1シリーズ
ミディアムセミロングタイプのCP-T2シリーズ
ロングタイプのCP-T40シリーズの3種類です。

お客様の自毛の長さに合わせてお選びください。
心配な場合は少し長めのものをお選び頂き、美容院等で自毛に合わせてカット調整して頂くことをおすすめします。
ショートT1シリーズは、毛先に緩いカールがついております。
T2,T40シリーズはストレートとなります。



毛髪の材質の違いについて

フルウィッグの選び方でもご説明しましたが、
フルウィッグ、ヘアピース(部分ウィッグ)には人工毛(化繊)と人毛の2種類の毛髪があります。
ヘアピース(部分ウィッグ)につきましては、当店では最も自然な人毛100%のもののみを販売させて頂いております。
それぞれの特徴は下記の通りとなっております。

・人工毛
人工毛の場合は型崩れしにくく、お手入れも人毛に比べて簡単です。
価格も手頃であるというメリットがあります。
ただし、光沢などが少し気になってしまう事もあるかと思います。

・人毛
見た目、風合いが大変自然です。
自然さを追及するのであれば、これに勝るものはございません。
かつら使用をなるべく分からない様にされたい場合は、人毛ウィッグをおすすめ致します。
ドライヤー、ヘアアイロンの使用、パーマやカラーリング(アレンジ)も可能です。
価格は人工毛に比べ、少し高くなってしまいます。
お手入れは人工毛のウィッグに比べると型崩れしやすいので、やや大変かもしれません。

・人毛ミックス
人工毛と人毛をミックスしたものとなります。

その他に何か分からないことがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
info@caprice-wig.com